2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
--:--  |  スポンサー広告

2014.10.10 (Fri)

たかが匂い嗅ぎと侮るなかれ

散歩中にひなたが地面や草の匂いを嗅ぎます。




鼻の奥の奧に届くようにじっくり時間をかけて
匂いは脳に届いてひなたの頭にピッカーン!!
それともふわふわ~~っとお花畑が広がるのでしょうか♪


私たちがパソコンやテレビから情報を得るように



気に入った匂い、いつもの欠かせないチェックポイントは
「今日もあいつは元気そうだ」とか
「お前は誰だ??もっと知りたいぞ!!」とか
姿は見えなくても「俺も元気だぜ」と返してみたり
「おーーーー!!」とか「へーーーー!」とか「!!!」「???」「♪♪♪」でいっぱい

ひなたは今日も生き生きと「今」を生きています。

DSC_8754.jpg



でも、同じ匂い嗅ぎでも状況によって意味が違ってきます。


それは
近くにいる相手に「興味が無いですよ~敵意はないですよ~、落ち着いて~」と伝える「犬語=カーミングシグナル」を表すときもあります。


本でしか理解してなかった犬語をひなたから見られるようになった

いえ!私が少しずつ「これはもしかしてそうなのか?」と気づけるようになってきた。
勿論まだ見逃すことがほとんどです。


でも、匂い嗅ぎをしてる最中に犬や人が近づいてきて無事にスルー
気づいてないんだな~とか、たまたま偶然の出来事、と最初は思っていましたが
回数を重ねるごとにそれは偶然ではなく、
1cats.jpg


その場で唐突に地面の匂いを嗅ぎだしたり
顔を背けてなにも見えていない、そこに自分はいないかのように動かなかなくなったり
そして通り過ぎた途端何事もないように堂々と歩き出すひなた。


それは緊張しながらも一生懸命状況を理解し、回避するためのひなたの犬語だとわかってきました。



飼い主はそこを邪魔しないよう、プレッシャーを与えないよう、正しい行為であることを伝えたい。



ひなパパへ、そして私用( ..)φメモメモ>
距離がないとガウッ!と行くんじゃないか不安になるけど
リードは短くかつゆるゆるで
匂い嗅ぎしているひなたを無理に移動させたり、引っ張っろうとせず
オヤツの誘導も視界に入っ途端緊張の糸が切れたように
八つ当たりされることもまだあるのでお勧めしません。


気持ち穏やかに静かに「そうそう、いい子だね、お利口さんだね」

上手にスルー出きたらもちろん「頑張ったね~、凄いね~」

でも相手が急にやる気だしたり、飼主さんが足を止めてガン見したり
どこでひなたのスイッチが入るか最後まで油断できません(笑)

ひなたの視線を飼い主に集中させるようにバンバン声をかけまくり
マグネットや狩りごっこしながら距離をとる
ついて来させるくらいの勢いで、動いて緊張ほぐしてどんどんオヤツもを使ってね



ここで一句
「すれ違い、飼い主見るまで、気を抜くな」

DSC_84766
川沿いの柵にときどき繋がれて日向ぼっこしてるワンコの寝床>家主のいぬまにこっそりお宅訪問





そして他にも意味をもつひなたの匂い嗅ぎ


それは「とにかく俺、落ち着け!落ち着け!落ち着け!!

猫とか、犬とか、大型宅配車とかetc・・・
ひなたの苦手な刺激との不意の遭遇や、後手後手の私の対応で制御不能状態からパニクったひなたが




すばらしい跳躍をみせ指にガッツリ喰いつき何度流血したことか・・・
傷も痛いし心も痛い、
そして周りの視線のなんと痛いことか・・・

真っ白な雪にポタポタ血が飛び散ったときなんか、
相手の「ぎょっ」っとしたした視線の痛さと、指の痛さで心折れそうだったよ。


あれからすこしづつ声が届くようになり、興奮から落ち着くまでの時間も短くなり
私も噛まれた腕を引くことなく流血もほとんどなくなり
「ガブガブガブガブ!!!」から「カプっ」と咥えるくらいになり

最近では軽く1、2度ジャンプするか、
癖でトリーツポーチに歯を当てちゃったよ(えへっ)みたいな顔で見てきます。

↑書いててかなりトホホだね~でも迫力はあるけど落ち着いてきたよ~。
cats.jpg


そして今、興奮の高ぶりを落ちつけようとするひなたの行動は
刺激から数メートル移動した先でやたらめったらスーハースーハー地面の匂いを一生懸命に嗅ぎ
または、足攣っちゃうよ!!と心配するくらい足を高々上げての排泄。


それは満たされない要求を私への八つ当たりで見せていた転位噛みが、
気持ちを落ち着けるための犬語へと変わった

ひなたのとても大きな成長だと思っています。





犬語は耳や尻尾、鼻先の角度や足の開き具合とか
まだまだ見過ごしてることも沢山

そして瞬時変化についていけません。



でも、ひなたの「俺、落ち着け!!」をストレスのシグナルで終わらせない


ひなたの言葉、感情を無視しないよう
私ができることは穏やかな気持ちでひなたの頑張りを尊重し

「おりこうさん」
「すごいね!!」
「がんばったね」

と返してあげること。

ちゃんと「わかってるよ」と伝えること。

そしてもっと引き出してあげること。

2cats


犬語への学びはまだまだはじまったばかりです。



web拍手 by FC2
スポンサーサイト
00:44  |  自主トレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.09.03 (Wed)

守るため、そして守られるための口輪

ブログのカウンターががっつり上がりそうなタイトルですが
今回は半年前にFBのグループに投稿した記事に補足、訂正し
ブログにアップしたいと思います。



ひなたの口輪は短頭種でも使えて黒い子に似合う格好いいブラック♪

ハナペチャに必要なセンターの留め具付
多少長さはありますが今までの中で一番サイズがぴったりです♪
1467190_228355757341161_156392175_n.jpg
キャッチャー、ラガーに見間違える格好良さ♪

http://www.fanta.co.jp/search/item.asp?shopcd=17329&item=mbu01
バスカービル ウルトラマズル(サイズ1)


今まで4個ほど2年近くかけて少しずつ、取り組んできました。
取組方法はもちろんチャーリーママさん、お仲間さんのブログで勉強しながら♪
※あとで了解得てから参考ブログのリンク貼りたいと思います。

1450076_228356327341104_602803502_n.jpg
過去のラインナップ

紙コップやヨーグルト容器にマズルを入れたり
口輪はおもちゃ箱に入れて大好きなボールと同等です

チーズやオヤツを使いながら
「そうそう!スゴイね!上手~♪格好いいよ♪」と
褒めまくりながら繰り返しました。


コツコツ取組みのお陰で新しい口輪も警戒することなく
もちろんチーズ塗りまくりですがマズルを入れてきました。

ただ、この口輪の難点はベルト通しの穴が小さいこと。

今までの口輪もそうでしたがベルトが頭部分に回ると頭を振って嫌がるので、
今回もベルト装着まで慎重でしたが、
首輪を掴みながら「お利口さん、少し待っててね~かっこいいね~」で
何回もサイズを調整しながら付けることができました。

この首輪を掴みながらをひなたが受け入れられるようになった事は大きな成果です。


ひなたは首輪捕まれるのは基本好きではありません。
はっきり言って「さわんじゃねーーーっ!!ぐぉるぁーーーーー!がぶっ!ヽ(`Д´)ノ」レベルでした。

外でパニクった時に動きを制御し興奮を静める為に首輪(またはハーネス)を掴む。

当然我を忘れての転位噛み・・・ガッツリ噛まれたことは数知れづ(つд⊂)エーン
どんだけ首捻れるんだってくらい伸びます_| ̄|○←正直凹むよ~



その為の取組がガッチャエクササイズ

聞き慣れない言葉ですが詳細はコチラ(他にも検索するとモリモリ出てきます)
http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-191.html


「首輪掴んで、オヤツ」

首輪を捕まれるシゲキと美味しいオヤツの対提示

身体へのシゲキ(ひなたにとってネガティブな感情)を全て嬉しいこと(ポジティブな感情)と結びつけます

首輪をつかむこと
マズルをつけること

大好き、とまではいかないけど
まぁ、大したことないかな、我慢してやるか

くらいにまではなったかな^^


3_n.jpg
耳よ~し♪口よ~し♪鼻よ~し♪犬アレルギー疑惑の長女、懲りずにいつもの点検ちう


去年★チャーリードッグスクールの小田原、つくばの散トレで解散間近みんなの前で口輪をつけてみました。

みんなに「似合う!!」「かっこいい!!」と大絶賛いただき(笑)
どちらも暖かい雰囲気の中、ひなたが口輪を付けること、付けた状態、その場の雰囲気にネガティブな感情がいっさいない事を条件づけられて良かったと思います。

勿論ここでみんなからオヤツをもらうとか、撫でてもらうなどは目的にしていないので、
ひなたにとってはいつもの安心できる空間になっています。

もし2年前購入した頃だったら、例え付けられたとしても人の視線を浴びることに自分が耐えられず、良い結果にはならなかったと思います。

ママさんのアドバイス
口輪をつけた状態でワンコさんを追い詰めてはいけません。



「噛む」とういワンコさんの最後の言葉を封印することだからこそ、
口輪をつける事、つけた状態全てを、
嬉しい楽しい美味しいというポジティブな感情がわき上がるモノにする

上にも書きましたが古典的条件づけです。





きっと、はじめから何の抵抗もなく付けられるワンコさんは沢山いると思います。

必要ないと感じる飼主さんもほとんどだと思います。

でも、口輪を必要とするワンコさんの多くは、装着することに抵抗があったり、
そんなワンコさんを見て可哀想と感じたり、自分を責めたり
飼主さんもネガティブな感情を持ちやすいかな、と思います(私がそうでした)





でも違います。


口輪をつけることで周囲に安全を伝えられます。

安全を伝えることで周囲に受け入れられます。

受け入れられることで周囲からも犬が守られます。


暑かったら帽子を被るように。

眩しかったらメガネを付けるように。

風邪をひいたら(ひかないように)マスクをつけるように。

そして、せっかくなら
リードやハーネス、服を着せるみたいに
「楽しく大好きなものにしてあげよう」






2年前は「口輪つけないとやっぱりダメなのかな~」でした。

1年前「つけたほうがいいのはわかるんだけどな~」でした。

ものすごく時間をかけてしまったけど
今は「首輪つけられてよかった♪」 と思えるようになりました。



そんなコツコツ頑張った口輪も、距離、制御、介入を酷使し安全と安心を保つことで
今のところ外で使うことはなく
(たまに、まぁ色々一悶着・・・ありますけど(;´∀`))

病院も予防接種、健康診断、マイクロチップ装着も
なんとかひなたも口輪なしで頑張って受け入れてくれています。





それが先日、「口輪やっててよかった~」なちょっとした出来事がありました。


<<足洗うとき思いっきり唸られ、仕舞いにはがっつり噛まれた件>>





どうやら左前足の肉球(手根球という突起)が擦りむけてるのを知らず
傷自体はたいした事ないのですが
未確認のままでいたからいつまでも(1週間ほど)私が遠慮なく傷口触って怒らせてました。

10681994_328352377341498_1161645007_n.jpg




触らなければひなた怒らせることも噛まれることもなかったのに、

いや、その前に傷口確認しようよって?

でも場所が場所だけに折れてる?と思ったり、
病院どうしよ~って思ったり、
抱っこしても角度的に見えないし
遊んでるときゴロンゴロンモミモミ平気でも動きが激しすぎて見えないし、
そこで押さえつけたり、しつこく見るとまた怪しまれて警戒されるし・・・
あーーーーー:(;゙゚'ω゚'):




さて!そこで登場したのが

てれれれってれ~!ま・ず・る・がーーーど!!
(ドラえもん風にどうぞ)

サクッと装着
サラッと確認
ポチッと薬ぬりぬり


なんで今まで使わなかったんだろ


こんなに簡単に悩み解決とは(;・∀・)


これからは見づらいとこ確認したり
色々普段から口輪つかってお医者さんごっこでもしようかな←トリミングごっこにしとけ←カットする毛が(ヾノ・∀・`)ナイナイ

しつこくしないですむし、私の不安な気も発しないですむしね^^ (ここ大事)


とういう最近の口輪事情を微に入り細に入り長文にしてみました。

10602708_323873944456008_1949040575_n.jpg


1年前の私は

「何が何でも噛ませない!」ということが実行できず、何度も噛ませたことを後悔し、
その為色々慎重になりすぎて、ひなたとの取組はなんでもかんでも(お手入れでも遊びでも)
コツコツ家でやるような事ばかり夢中になっていました。


それが社会化といわれるところにどう結びついているのかわかりませんでした。

こんな地味~な事じゃなくて(本当にそう思ってました)
もっと大胆に、犬に、人に、シゲキに慣れる、もまれるように外に出るべきじゃないだろうか。

家の中で出来ること、外でしかできないこと、取組は社会化のどこに繋がっているんだろうか。

正直悶々としていました。

こんな意味不明な質問にママさんが

「声が届くようになりますよ」
「もっと、ずっとひなた君の深いところに、声が届くようになるわよ」っておっしゃいました。


あ~!ひなたの「ずっと深いところって、めっちゃくちゃ深いんだろうな」とその時思いました。

声が届く

深いところに届くように伝える




社会化とは

犬にとっての大丈夫、平気なことを沢山つくってあげて、生きやすくしてあげること。

しつけるとか、トレーニングするとか形にとらわれることではなく
犬と深いところで繋がるための人からの働きかけの積み重ねだと思います。

それは一方通行でない、犬の気持ちに寄り添った人道的な伝え方でなければいけません。



ひなたに伝わるように

届くように

おやつ食べて

歩いて

遊んで

毎日がハッピーであるために♪





web拍手 by FC2
23:23  |  自主トレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.07.23 (Wed)

ハンドリング【覚書】№2

3連休最終日は【私は社会化のドッグトレナー】ブログはこちら
チャーリーママさんの埼玉座学に参加しました。

チャーリーママさん、ご一緒された皆様、ありがとうございました。
65972_313504988826237_185421576638447506_n.jpg


今回は貴重な時間の中
予定外のリード使いについてもお時間をいただいて
本当にありがとうございました。


そのハンドリングについて【覚書】
日々変更&更新ありありということで
自分用に書き留めておきたいと思います。

因みに№1はこちら→ハンドリング【覚書】

前期最後の小田原散トレのあとから思うことあり、
利き手でないほうの左手でハンドリングしています。
私の当初の目的は見た目通り瓶の蓋も開けられない非力な私が
(うそ!!??とか言うなーーー!!)
利き手じゃないほうでも細かいハンドリング
そしてひなたの突進に負けないようにしっかり「ぐっ」っと止めたい



握力ないから上手く「ぐっ」できないと思っていた私

でも確かに力業もひなたには必要だけど
それはあくまでも瞬発的な突進や制御のときで、
基本ハンドリングは力ではないのよね

大事なのは「ぐ」じゃないの「ぱー」なの!!
(今更な私_| ̄|○)

ママさんから左手片手だけのハンドリングの提案してだいて
(主旨が違ってたらどうしよう・・・突っ込んでもらえたら嬉しいけど)
早速やってみるも集中力、緊張感ハンパない!!
10550837_311007832409286_8600936586880886407_n.jpg
緊張感のない写真投入



当然安全確保でなおかつ「いっそっげ!いっそげ!!」のひなた
ちょっと猫セコムちっくで試したけど、

体勢がたて直るの早いこと早いこと。



猫セコムだからこそ忙しなく動くひなたに合わせて
「ぱー」に集中しつつ「ぐっ」は少なく、そして短く(連打もありだけどそれでも短く)
早めの縦と面重視でひなたの姿勢立て直しに集中集中!



片手だと右手は左手に合わせて自然にシンクロしてバランス取ろうと動くし
というかバランス取れないと危ないから足だけでなく身体フル稼働で短い散歩でも大忙し♪

今まで「ゆるめる、ゆるめる」といいながら
いかに「ぐっ」に力と意識を集中させていたことか

当然「ぐっ」は一瞬でも丁寧に丁寧に!!!

「ぐっ」はNOではない
ひなたに心地よい「ぐっ」でなければいけません。


ぱーぐっぱーぐっ」に意識変換ちう


片手でも両手フルでも
ハンドリングははプロっぽく格好良くなきゃね♪

見た目大事♪


ひなたの意志を尊重した動きに導けるハンドリング
好き勝手とは違う、
一人歩きじゃない、
自由の中に心繋がってる感のあるハンドリング。

書いてて超難しいけど目標大事



(出来なくても)
私できるわ!!!
(失敗しても)
私頑張った!!!

妄想大好物(えw?)




10483130_311567689019967_2044661479732819284_n.jpg



そして四本足で歩くひなたは格好いいな~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


web拍手 by FC2
14:22  |  自主トレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.07.08 (Tue)

ひなたの可能性は無限大

今回はひなたの強化された「咬み」について少し書きたいと思います。
※少し、というのはひなたの「咬み」も色々のケースがあるので_| ̄|○
その中の身体への接触について書きます。



生後8週でショップから来たとき外耳炎のお土産つきだったひなた。

気づかないまま汚れと匂いがきになり飼主はいきなり綿棒を入れてみました。

当然痛みと恐怖で激しく抵抗するひなた。
それでもお構いなしで繰り返し、
結局手に負えずショップのお世話になり
エリカラ装着の末に
「炎症おこしてるみたいなので病院で見てもらってくださいね」
と言われて初めて耳の不調を知りました。


外耳炎のほか結膜炎や軽い濃皮症で目薬、軟膏と試練は続き、

日常生活でも足を拭こうとすれば咬まれ
服を着せるようとすれば咬まれ
ハーネス、首輪も一悶着のすえ装着

そのうち咬まれることに飼い主が脅えていました

10489936_308465935996809_847648049580028958_n.jpg


本当に怯えていたのはひなたなのに・・・


成長過程で当然現れる警戒心、脅え、不安、
そして、ひなたの要求を飼い主は気づいてあげられませんでした。

いきなり足を掴まれたり、急にモノで顔を覆われて見えなくなる不安や恐怖。

体を拘束される道具に感じる脅え



それは早い時期に母犬から離された不安の中
「犬の欲求階層」→☆の一番底辺、

最も重要な「生命の安全」が与えられなければいけない家の中で、
しかも飼い主にその安全を脅かされていたことになります。

暖かい寝床や栄養満点の食事を与えるだけが「生命の安全」ではないこと。

そのことに気づかされたチャーリーママさんの座学

参加した時の記事
座学@杉並20130630ー犬の安心はどこにある

同じ過ちは決して繰り返してはいけないと思いました。
10517974_307832502726819_329724176320734863_n.jpg

ひなたが耐え難いと感じる刺激に対し回避したい、
また拘束された状態から退路がない、
そこから自分を守るための最後の手段で
ひなたの「咬み」は強化されていったのだと思います。


【私は社会化のドッグトレーナー】チャーリーママさんのブログ、
座学、諸々の発信他から学ぶ中取り組んだのが「ハーネスをつける」

2013.06.01 の記事「毎日カチカチ」→☆

そして同時進行したのが「お手入れ」

前回の記事でこだわった「抱っこ」
「抱っこ」が苦手になったと思っていましたが

正しくは「抱っこされるのはいやだよ」でした。

「抱っこされた状態」は意外にひなたは心地いいと思っているようだ、という私の第六感を信じ(え?)





心地いい抱っこの状態と体への接触(お手入れ)を
恐怖も不安も与えない!
全てポジティブなものと結びつける。







一時は散歩の時間より「ハーネスを付ける」
帰ってからの「お手入れ」のほうに時間を使っていました。

10456293_29855.jpg



まずは歯みがき



タオルで顔を拭く、口周り、口の中、
そして歯みがきシートで歯を拭き、
現在順調にブラシで練習中




耳掃除

体全体拭きながらマッサージして耳周りを揉み、
とにかく「気持ちいいね~」の連呼で耳の中の届く範囲を拭きながら、
今は専用シートで奥の届くところまで拭きます。

洗浄液での耳掃除はどうかな~と思いましたが
色々調べて特に不調のない現状は必要ないと思い匂いチェック怠らず♪


そして爪きり


爪切りは用意してから2ヶ月は放置してました(チキンハート)


それくらい私の中で失敗したくない分野だったのです。

ゲーム感覚で手のひらに乗せた爪きりの上にお手をさせたり、一緒に握ってみたり。
爪にあてるのも数ヶ月は爪きりごっこ♪みたいな状態でした。
そろそろ切ってみようかな、と思ったら安物の爪きりは切れ味悪くて切れなかった((笑)


切れ味抜群の爪切りに買い直したら
今度は近くのものが見えないお年頃で前途多難。

メガネを用意して快適に薄~薄~く切っています。

1本でも5本でもどこでもOK
見えないくらいミリ単位でスライス



正直ここまでできるとは思っていませんでした。
というか、出来る気がしなかった、

それでも信念をもって取組ました!!

といえば聞こえはいいのですが

「絶対やる!!」
「私がやらなきゃ誰がやる!」
「私ができるようにならないと!
私の「執念」とか「意地」とか「なにくそ!!!」に支えられて文字通り必死で続けました。



ハーネス着用トレのときのようにクリッカーは使えなかったので
オヤツを使いながら進めましたが、流れが止まってしまうので
途中からは声掛けのみに変更。

その代わり普段の「名前を呼んでおやつ」強化と終わってからのおやつ増量♪

丁寧にゆっくり、
やりすぎないように1歩ずつ
1歩進んで2歩下がるくらいゆるゆる

気の遠くなりような年単位の取組み



でも

気持ちい、楽しい、嬉しい、可愛い、愛おしい
抱っこしてる私が癒されました。


抱っこしながら静かに褒めながら、励ましながら
ゆっくりした会話を楽しむ時間にしました。

正直ひなたは喜んで受け入れてはいないと思います。
爪の先は特に触られるのは苦手でビクビクします。

場所を変えてみる?


(ヾノ・∀・`)ナイナイ

でも
「ここしかできない、今しかできない」ではなく


「ここなら大丈夫、今なら頑張れる」に気持を切り替え
一緒に頑張ってくれたひなた。

唸ったことも歯をあてた事もありません。

唸る前に切り替えます。

でも、やめません(え??)
10385395_308465819330154_8976234351396031341_n.jpg


何も聞こえなかったように色々はぐらかして気持ちいい状態で絶対終わりにします(これまた「こだわり」)


今はこのまま寝ちゃうの?
ヨダレを垂らした?エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?


まだまだ正直お手入れ以外の場面では
飼い主の「やりすぎ」と「今じゃないでしょ」にひなたが「追い詰められた状態」で新しい咬み跡を作ってしまうこともあります。

人差し指の爪は脱皮して元気に再生中です(;´∀`)
飼主力より治癒力UP

それでも


やればやるほど出来る子、

それが、ひなたですから。




ひなたの可能性

そしてワンコの無限大の可能性!


どんどん引き出してあげたいと思います!



web拍手 by FC2
13:14  |  自主トレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.10 (Mon)

お散歩会@守谷支部

今年のネタは今年のうちに~♪


と頑張りたいところ。
しかしネタは貯まる一方゚(゚´Д`゚)゚


取り敢えず諸々すっとばして、今日のお散歩会守谷支部(つくばエクズプレス沿線)をサクっとUPするぞーーーー!!(サクッじゃない長さでした)


今日は週末突然の声掛けにもかかわらず、10ワンコさんが集まって大盛況でした。

カンスケ君とあんずちゃん。
hinata_20121209_1.jpg
たまさんお一人でしたが仲良く並んで歩いてました。

「今日は二人(犬)のぶつかり稽古(とは言ってないですけど)で「ヤメ!!」が出るかもしれないけど驚かないでくださね、って言ってたので、声によるインターセプトを楽しみにしてましたが、拝見できませんでした。
ちょっと残念。

キララちゃん、クウカイ君、りんたん
hinata_20121209_3.jpg

亮子さんが出発前に「失敗とか怖がらないであるきましょうね~全然大丈夫だから~」
とみんなに声かけてくれて、こういう声掛けひとつで「ほっ」とします。


前回のつくばでも先頭を歩き始めたら亮子さんが後ろから
「距離見ながらついて行くから心配しないで歩いてね」って
声かけてくれました。

散トレだから云々ではなくてどんな状況でも
相手を、周りを「ほっ」とさせられるような声かけできるように私も心がけたいです。

声かけ・・・ひなたにも「ほっ」とか「はっ」とかしてもらいたい(^_^;)


お久しぶりのパトラ君
hinata_20121209_4.jpg
ちょっと会わない間に外見も逞しく、顔つき精悍でますます男前になっててビックリでした。
今日はクシャミひとつにも敏感に反応して・・・ってお話でしたが
広場ではゆったりまったりしていました。


あんじ君、ペコちゃん、ジャムちゃん
hinata_20121209_5.jpg
ペコちゃん(茶トイプーさん)は吠えが悩みと言っていていましたが歩くうちに落ち着いてました。
解散間際に近づいてきたひなパパに「ほふっ」っと飲み込んだみたいなひと鳴きにペコちゃんのママもビックリ。
散歩中はひなパパに吠えてたらしいけど、今のは「あ、、間違えた」みたいな感じでしたね、と。

正直ひなパパの格好が怪しい。
黒のベンチコートで寒いからってフードまで被ってたら
吠えられるどころか、職質されてもいいくらい怪しい・・・ほんと皆さんすみませんm(_ _)m
あんずちゃんもあの格好が原因(らしく)ホエホエさせちゃったらしいので
次回は名前読んでオヤツをリクエストされました。

あんずちゃんの物語を崩すべく、スペサルなオヤつを持たせますね♪


hinata_20121209_6.jpg
ひなたはいつもどおり(^_^;)歩き始めは大興奮で後ろが気になって前に進まないので、
止められてムカついて飛びついてくることも度々でしたが、
顔つきはそんな我を忘れてるってほどではなく、駄々こねてる感じ。

今日はいつもより高く飛んでアピールすですよ~!ってか?
試されてますよね。

とにかく「ひなた、すごいね~」「みんな来てるからだいじょうぶだよ~」
「がんばれ~~」のオンパレードです(二時間)

hinata_20121209_8.jpg

そして気づけば入れ替わり立ち替わり色んなワンコさんが後ろを歩いてて
其々ひなたの反応が当然違うんですが、ジャムちゃんには特にガツガツ行くことなく
「チラ見」してあっさり歩き出していました。


hinata_20121209_7.jpg

その代わりあんじ君が気になってしょうがなかったみたい。

なんでかな?



ボケッボケの写りだけど楽しそう♪
hinata_20121209_11.jpg




二時間たっぷり歩いたお散歩会。


広場ではなかなかアテンション取れずロックオンさせる事多々有り。
インターセプトもうまくいかず、ダメもとでリード張り張りのひなたに
後ろから名前を読んでみました。

「ひ~な~」

え?戻ってきたよ。

戻って激褒めされておやつ食べて・・・またロックオン(-_-;)

でも、もういっかい読んでみたら戻って来るのね。
ここでマグネットしながら距離を取るべきですが
つい何度か試してしまいました。


戻るんだね。
対して執着してないけど「行きたい」⇒「行かねばならぬ!!思い込み」ですか。

「見る=確認=突進」がセットで体に染み付いたひなた。
hinata_20121209_9.jpg


体に染み付いた行動を別の行動に置き換える。


普段の散歩ではスルーできそうにない爆音の「バイク」や「車」には「スワレ」で対応しています。
でも最近とっさに「スワレ」の言葉がでないときがあり(歳、とかいうな!!゚(゚´Д`゚)゚)
つい「バイク」とか「車きた」とか見たまんまを口にしてしまいます。

それでもひなたは、条件反射のように道路の端によってスワルようになってきました。
追記
読み直して思い出したのが、苦手なモノの限らず、道幅の狭いすれ違いは私が(当然誰でもそうですが)条件反射で端による動作をします。
その動作がひなたに「端によったら座って待つ」とに伝わってるのかな?伝わるといいな、と思いながら、しつこく続けています。


当然突発や、間に合わなくて「ぐいーーーん!!」「ワンワン」ありますが、気にしないでガンガン歩き続ける事も多くなってきました。
一度、車の来ないであろう道でトレーニングしていたとき
車が入ってきたのに気づかない私をおいて
ひなたがトコトコ道路の端に移動して座ったときは「やられた!!」と思いました(笑)


「車がきた⇒スワレ=お利口さん~オヤツ」を続けることによって、
通り過ぎたあとは穏やかに歩きはじめます。
この取組に「ひなたの安心」が盛り込まれているからでしょうか。



だとしたら、ひなたのガン見してしまうモノ(確認・吠え・突進に繋がるもの)=スワレ(何らかのコマンド?だからクリッカーも効果的?)=お利口さん~オヤツ
チャーリーママさんのアドバイスに繋がります。
これで、いずれスルー、無関心になっていくのは可能なはず。
というか、絶対なる!!
外でも家の中でもその必要性が大いにあるので続けていくのみです。


確認しなくても安心できる。

嬉しいこと(名前・言葉)との対提示

まだまだ「名前を呼んでおやつ」は続きます。


hinata_20121209_12.jpg





ちょっと今日のブログは締りが悪い・・・というかここ数日のチャーリー組のみなさんのツイッターでのやり取りや、
みんなのブログで考えることが追いつかない:(;゙゚'ω゚'):

http://togetter.com/li/419550
http://togetter.com/li/420480

それでも素晴らしい内容にただただ感動するだけでなく
自分なりに噛み砕いて身につけてかないと、と思いながら書く今日の記事。


何を学んだ?

え~っと、
一応「全てはリンクされている」っていう名言で締めくくろうと思います。


一緒に歩いたみなさん、ありがとうございました。


そして、いつも沢山の学びを共有させてくれるお仲間さんも感謝感謝です。


おやすみなさい。




あ!最後はこちら




けっこう本格的な1枚がお散歩会で撮れました。





【重機コレクション】
hinata_20121209_10.jpg





web拍手 by FC2
01:52  |  自主トレ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。