2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.04 (Wed)

座学で犬になる

チャーリーママさんの座学@千葉に参加してきました。




チャーリーママさんのブログに出会って1年でしょうか。
最初は検索してもなかなか辿り着きませんでした。
なんたってその頃の検索ワードは「咬み」「興奮」「引っ張り」ですから。

5分でしつけられるXXXとか、簡単にしつけるXXXとか、叱って褒めるXXXとかetc

チャーリーママさんのキーワード
hinata_0704_1.jpg

一発です♪
ここまで来てくださったかたは検索しなくていいですよ♪
コチラ「私は社会化のドッグトレーナー」です(click)


今回の座学でチャーリーママさんから学んだことを
もう一度文字にしながら考えてみました。



「社会化」

全く馴染みない言葉でした。
ひなたの気になる行動(一般的にいう問題行動ね)も社会化不足、
それぞれの成長過程の間違った対応によるもの。

全て「犬とはこういうものだ」という固定観念から
間違った育て方(飼育)をしていました。

でも、いくつになっても社会化トレーニングは可能だということを知りました。
パピーの時できなかったことを2歳でも5歳でも10歳でも
学ぶことは可能です。




「叱らない」

一見「褒めることでしょ?」と思われがちですが
「叱らない=褒める」の「」の部分には沢山の意味、取組があります。


ひなたの場合。
「むこうに気になるワンコがいるぞ(匂いがするぞ)」
ガン見してフリーズ。
「苦手だけど気になる」「興味あるから近づきたい」
とにかくなんでもかんでも確認したい男子です。

hinata_0704_3.jpg


ここで
「ひなた~」と呼んだらコッチに来たよ!だったらなんの問題もないんです。
大いに褒めて鼻歌歌ってお散歩続けます♪

が!!

今のひなたは来ませんね。
自分の欲求でいっぱいいっぱいです。

たとえ呼ばれたのは聞こえてても
「ママよりアッチの方が気になるぞーーーーー!」ですから。


ではここで「行っちゃダメ」「NO」と後ろからリードを引いてみたらどうでしょう。
犬の行動を否定する。


これも「NO」の言葉を犬は理解していません。
ひなたが感じるのが「怖い顔をした飼い主」から
「この場所は危険」という嫌悪感だけを学びます。
結果「守らなきゃ!逃げなきゃ!吠えないと!戦わないと!!!」と
自分でなんとかしないといけない経験をさせてしましいます。

「名前」だって自分が「ひなた」だなんてこれぽっちも理解してません。
「ぽにょ」だって振り向くかもしれません。
呼ばれたら振り向く、足下に来る。

全て「名前」と「良いこと」が条件づけられてるから起こる犬の行動。
だから「名前を呼んでおやつ」は毎日コツコツです。

hinata_0704_4.jpg


そして「リードを引く」ということ。
これは午後のグッパー体験、またハーネス(6号サイズ)を直に装着して犬になって体感する。
この経験で「引っ張られたら前に行きたくなる」を参加した全員が実感しました。

接触走性=本能的な行動
「引っ張られたら体が勝手に前にいきたくなっちゃうんですよ!!」

そしてこの状態でチャーリーママさんの「グッパー」を体験すると
どんなに引っ張って前に進んでてもみんな「ほぇっ?今どうしたの??」って後ろ振り返るんです。


緩める為の「ぐっ」
犬と同等の力「ぐっ」で止めてすぐに「ぱっ」でリードの張りを解除する。
決して「引かない」
「握る」感じでしょうか。
手首をひねる癖がついているので、これだとひなたの体に
「ぐっぱぐっぱ」のたびに「ガックンガックン」と不快感を与えます。

心地いい「ぐっぱ」振り返りたくなる「ぐっぱ」
日々練習あるのみです。


ほんとコレは人同士ペアでやったほうがいいです。

実は我が家はやったことがあるんです(半年ほど前に)
ひなパパの腰に縄を巻いて交互にね(笑)

「前に進みたいんじゃぼけーーーー!!」って、ほんとマジに超むかつきました(爆)



今回「ハーネス」でも十分苦しいということを実感しましたが、
後ろから引くわけですから「首も十分苦しいです」

「首は苦しくないだろう」と言うひなパパに
「前と後ろに引き合う力が首の交差した部分にかかるからやったら苦しいのわかるよ!」と言ったら
「これじゃあ(ひなたのハーネス)入らないか~」と言いながら
一応かぶろうとしました(ほんと馬鹿)
1名お買いあげでしょうか。

ではこんなに苦しいんだからワンコも止まればいいのにと思いますが、
どんなに苦しくても犬の「引っ張り」「突進」はリードを引くことでは止まりません。

いえ、止まりますが治りません。
もしできたとしてもそれは「犬の力以上の力を加えたその瞬間」だけです。
きっと次からはもっと犬は「力強く引くようになります」
そうしないと前に行けないからです。
そして飼い主も「よりいっそう力強く引っ張って止めるようになります」

hinata_0704_5.jpg

そうやって私は「ひなたの引っ張りを強化しました」

そしてひなただけでなく「自分の体にも無意識にリードを引く癖をつけてしまいました」



ではどうやって集中するひなたに「今はそっちに行かないよ」と伝えるか。
NOも言わない、引っ張らないで。



対象物とひなたの間に入る、横切ります。
インターセプト
カット オフ シグナル


飼い主のうほうから近づきます。
鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス、なんて悠長なことは言ってられません。
ひなたのスイッチは瞬時MAXですから。


視線を遮断する、断ち切る


「ひなた、こっちだよ~~」と方向転換させながら
正しい行動を提案します。

そして「誘導」したら着いてきたよ。
「そうそうそう♪」行動を肯定(YES)します。
お散歩再開できたね「ひなた、良い子だね~」行動を褒めます

「叱らない」「正しい行動の提案」→「誘導」→「マークする」「褒める」

こんなにあるんです。

でもこれだけやらなければいけない、というのではなく、
ひなたと一緒に出来ることがこんなにあります♪


そう思えるようになる「学び」です。

毎回、全部の肯定がスムーズにいくわけではありませんが、
出来たことを褒めることは可能です。
最後我に返ったとか、チラ見しながらでも歩けたならOK


最後まで「叱り」はありません。

あるとすれば上手くできなかった自分がちょっと凹むくらいかな。


ひなたが出来なかったことは「無反応」です。



これってお散歩トレーニングに参加しなくてもできることなんです。

hinata_0704_6.jpg


日々毎日がひとり散トレ

ひなたと私が一緒に出来ること。

いつか後ろから呼んだら戻ってくるようになる。

あんなに興味あったものも「なんだたいしたこと無いじゃん」って思えるようになる日が来る。

そして少しづつ自信を持つことで「人」にも「犬」にも色々な環境に恐怖心、防衛心なく
接する、我慢することが出来る日が必ずくる。


そう強く思えるチャーリーママさんのお話でした。

チャーリーママさん
ご一緒されたみなさん
ありがとうございました。


次回の座学は「つくば」に参加します。

私たち飼い主以上に熱い想いをもって
次々と開催地を広げているチャーリーママさん。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~チャーリーママさんより~
お散歩トレーニングのお話。
参加できない方はつまらない話題だったりするんですよね、と・・・
でも昨日は参加できなくてもしっかりくらいついてくださっている方がいらっしゃいましたし、
大阪でも東北でも北海道でも九州でも愛知でもその他たくさんの地で、食いついてくださっている方がいて
その方たちは一人散トレ、頑張っていらっしゃるのですよね。

大勢の仲間がいる場所でも
基本は一対一の関係。
また犬同士の関係というより、犬と人とのコミュニケーション重視で。
犬が苦手で吠えかかってしまう時にでも、基本は
人が介入する。犬は人の介入を受け入れる。
それで何とかなります。
何とかするために、飼い主力をつけるわけです。
そこに気づいた時、たとえ一人でも出来ること、取り組めることは無限なんですよね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これから少しずつ丁寧に苦手なモノを克服していく中で、
歳と共にまったく平気だったモノが苦手になることもあるかもしれません。



その時の為に犬のことを知って学んで考えて発見する。
一緒に熱くなってみませんか?


各地の座学スケジュールかこちらclick


長文自己最高記録でしょうか・・・失礼しました_(_^_)_


関連記事

web拍手 by FC2
23:12  |  座学  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

感動!

いや~、ひなにーさん感動した!!
そうだよね、うんうんと頷きながら読ませて頂きました。
こんな熱い思いのママに育ててもらってる
ひなたちゃんは幸せだね(*^。^*)

そして、そんな熱いお仲間さんと出会えて、
ママさんのもとで学ぶことができて、
私はほんとうに幸せだなぁと思いました。
「あぁ、幸せだなぁ♡」
ミシェルママ |  2012.07.04(水) 23:32 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.07.05(木) 06:03 |  |  【編集】

ミシェルママさん>

座学ではお世話になりました~♫
みんな熱かったですね!!
そして一緒に学べてほんと幸せだな~~~♪
って思える学びでしたね^^
その想いミシェルちゃん、ひなたに伝えられるようにしたいね^^

ミシャルママンの行動力や気配りはほんと頼もしく
頼りになります。
まだこれからなのに「お散歩会」続けていきたいね♪
楽しく歩きましょ~~~☆
ひなママ |  2012.07.05(木) 21:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hinata0623.blog135.fc2.com/tb.php/260-838e4863

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。